Blog

なぜ今 平屋がブーム?

梅林の中に建つ白い平屋のコの字形の家。

皆様こんにちは!

「夏」到来です!!

外回りの際に、最近はどこか涼しい場所が無いか、つい探してしまっています。💦(笑)

さて、昨今は平屋建築をご希望される方がとても多いように感じます。

そうです。『平屋ブーム』が到来しているのです。

なぜ、『平屋』が注目されるようになってきたのでしょうか?

今回は『平屋』に注目していきたいと思います!!

グレーの塗り壁がおしゃれなコの字形の家。行橋・苅田・北九州の平屋と言えば、ヤスナグデザインホーム。

もともと日本住宅は『平屋』がメインでしたが、人口の増加と伴い、人々が便利な環境を求めていきました。

便利な環境とは、それだけ土地の価格も高く、必然的に土地の面積が小さくなってしまいます。

そうすると、建物は上へ上へとなっていき、2階建て、3階建てへとなっていきました。

しかし、さらに住環境が整ってきた昨今では、単純に田舎、都会、と2つで分けるには難しくなってきたように思います。

少し前まで田舎と認識だった場所が、すごく便利になってきたと思う事がいくつか無いでしょうか。

そんな場所では土地の価格も比較的抑えることが出来る為、広い土地に建物を建築することができるようになります。

平屋という選択肢が再度出てくるようになりました。

そこで再注目となった際に平屋の良さである、ワンフロア、生活しやすい同線・間取りの自由度が高く、デザインを自由にできる点が評価され、じわじわと平屋建築が選ばれるようになってきました。

また、新型コロナウイルスの影響による人々の生活の変化・心情の変化により、今後さらに平屋建築ブームは続いていくのではないかと思っております。

閉塞感から解放された新しい生活スタイル。

白い平屋の家。海がよく似合うカバードポーチ!まるで、ハワイの住宅のよう。行橋の平屋といえば、ヤスナグデザインホーム。

お客様とお話ししていると、その中に少し「贅沢感」や「特別感」を取り入れたいというご要望を多く頂きます。

そんな「贅沢感」や「特別感」に平屋建築は適しているのです。

コロナ禍において「お家キャンプ」⛺ という言葉が流行しましたが、平屋建築においては中庭を作ることで、プライバシーも確保された形でそれを実現することが出来ます。

人々の暮らしが大きく変化をしていく中で、建築会社は人々のご要望に応える建物を提供していかなければなりません。

私たちヤスナグデザインホーム㈱では、常にお客様のご要望にお応えできるように、アンテナを張り、少しでもご満足の頂けるお家づくりを実現できればと思っております。

また、平屋住宅をメインに扱っており、主に北九州市苅田町行橋市みやこ町にて建築を行っております。

是非、あなたの理想の平屋建築を一緒に計画していきませんか。🏡

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最近の記事